fc2ブログ

10日間の断水生活を経て

「平成30年7月豪雨」と名付けられた、このたびの災害

我が家は、マンション上階なので浸水の心配はなく
6日の夜に大雨特別警報と避難指示が出ても
何か影響があるとは、全く思っていなかった
それが、7日の昼に断水になった

断水になるまで、日頃使っている水道が
どこから来ているのか知らなかった
自前で水を供給できないから、お隣の市の取水場からひいて
県から水を買い取っていたとは…

実は断水になってることも、その日の夜まで知らなかった
市の公式LINEから情報がくるようにしていないので
(というか、LINEはやっていないので^^;)
断水になったと知ったのは、ネットで調べていた時だった

マンションなので、受水槽に水が残っているうちは使える状態で
夜になっても、まだ水が出ていて助かった
断水して5日間の様子は、すでに書いた断水生活5日目

水道の復旧は早くても16日以降ということだったので
それ以上遅くなることを覚悟していたんだけど
急ピッチで復旧工事をしてくれたんだろうね(ありがたい!)
思っていたより早く、16日に飲み水が復旧した

ろ過していない水は14日頃から送水されていたけど
我が家は、マンション購入時にセントラル浄水器を付けていたので
すぐに水を通すと、浄水器が壊れる可能性があって
飲み水が出るようになってもしばらくは、水を出すのは我慢した

10日間の断水中、夫の実家へお風呂と洗濯機を借りに行った(2回)
お水もその時にもらって帰り、自治体の給水所には1回も行かなかった
給水所は遠く、車でなければもらいにいけないし
どうせ車で給水に行くなら、風呂と洗濯を兼ねて夫の実家へ行く方が良かった
でも、もし、車を使えなかったなら、どうしただろう?

私の両親が住んでいる生口島も、断水していたので
14日の夕方、水を持っていき、大量の洗濯物を引き取って帰り
翌日の朝、夫の実家で洗濯させてもらってから、再び島へ戻った

両親は共に高齢で、なんとか自力で生活できているものの
給水所までは遠くて、自力で水をもらいにいけない
幸い、お隣の家の井戸水から水をわけてもらえたので
なんとかそれで、しのいでいる状態だった

お隣の因島には自衛隊の仮設風呂が設営されていたけど
生口島には、どこにもお風呂に入れるところがなかった
車で因島まで入浴しに行ける人も、橋代が負担で我慢したかもしれない
(市民の陳情?により、後にやっと通行料無料措置がとられた)

因島の仮設風呂は利用時間が限られ、待ち時間も長く
夜になっても30℃超えの暑さでは、年寄りのからだには堪えるので
断水していない大三島のスパ銭湯まで連れて行った
10日ぶりのお風呂は、気持ちよかったようで良かった

先日の朝日新聞「折々のことば」で
「地震イツモノート」から引用されていた言葉に納得させられた

「ライフラインが止まる
それは原始生活以下になるということです」

コンクリートで固められ、生活の全般を流通システムに依存する都会では
大きな災害時、人は自然の恵みも活用できず
「原始よりも不便で不安な状況」に置かれる


今回は断水だけだったけど、停電にもなっていたら
この暑さの中、扇風機もエアコンも無しで自宅に居続けるのは危険だ
エレベーターも使えないから水も運べない(つまりトイレが使えない)
駐車場は機械式だから、車も出せない
例え自宅が浸水とかの被害がなくても、避難所にお世話になっていたかも?!

停電だったら、テレビやパソコンでは情報が得られないから
手動発電のラジオだけになる?あと、携帯…
やっぱり、スマホは一台持っていたほうがいいかもなぁ…

水と食料のローリングストックと、非常持ち出し袋の準備はしていたけど
いざ、本当にライフラインが止まったときに、どう行動するか…
いろいろ考えさせられた10日間だった

そうそう、特筆すべきことが一つ
あれは断水して何日目だったかな…5日目?のこと
マンションの管理会社が給水をしに来てくれた
うちはすでに水は足りていたので、貰いにはいかなかったけど
給水所が遠いから、マンションの下まで来てくれるのは助かるし
品薄で手に入りにくくなっていたポリタンクの貸し出しと
緊急用トイレキットまで支給してくれた

うちのマンションは自治会に入ってないので町内会の助け合いはない
住民同士も、子どもがいる家庭は子どもつながりで密な交流があるだろうけど
我が家は、同じ階の住民とすらほとんどつながりがない(会えば挨拶する程度)
ここに引越す前のアパートでは、長年ご近所同士で密なお付き合いをしていたので
今回のような災害のときは、助け合えただろうけど

とはいえ今回、旧友から援助が必要かどうかの連絡をもらって嬉しかった
結局、親戚に助けてもらったけれど、もしそれがままならない状況なら
助けて~とSOSを出しただろう
たとえ遠くに住んでいたとしても、できることはある
物だけでなく、心の支えも必要だから
本気で力になりたいと思ってくれる人がいること

もし援助が可能なら
「何かできることがあったら言ってね」ではなく
「水を持っていこうか」
「うちに洗濯物持ってき~!お風呂に入りにおいで~!」
というような、具体的なサポートの申し出の方がいい
必要ならお願いしたいと言えるし、必要ないなら今は大丈夫と言える

こっちから何々してほしいなんて、なかなか言えないもの
援助するときは、ちょっとおせっかいなくらいの申し出の方が
頼みやすいんだなと、当事者になって思った
というか、そこまで突っ込んで言えるような関係かどうかなのかな?

もちろん、なにも援助はできないけど、思っていますという連絡も
とてもうれしかった
逆の立場になったとき、私も同じようでありたい

関連記事

Comment

Secre

プロフィール

きなこ

Author:きなこ
広島県在住。卯年の魚座。0型。生まれはポルノグラフィティと同じ。窓から海が見える家で育ったので海が好き。2014年に故郷の近くに転居。2006年3月9日ブログ開始。

kinapyをフォローしましょう

アルバム

訪問ありがとう

最近の記事+コメント

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード